ワークフェア2018出展について

11月に開催される障がい者ワークフェア2018に石垣島からライフジグとして参加させていただきます。
「手であが~る」が実演展示されますので全国からご来場の皆様沖縄本島にお住まいの方々にも見ていただけたら嬉しいです。

 

障害者ワークフェア2018

・11月3日(土) 9:00~17:00
・11月4日(日) 9:00~17:00
開催場所:沖縄県奥武山球場(沖縄セルラースタジアム那覇)エントランス広場ほか

 

ライフジグは当日、アビリンピックの会場となります。武道場のエントランスにて手であが~るを使った清掃の実演をする予定です。

 

 

アビリンピックが開催される武道場のエントランスにて、実際に車いす利用者の車輪を清掃しながら実演を予定しておりますので、ご興味のある方はご来場の際には武道館入り口の私たちのブースに来て見ていただけましたら幸いです。
当日は実演とともに試用・販売も予定していますので、ご購入の相談や販売についても対応をさせていただきます。

 

 

 

 

招いてなくても台風はやってくる

 

9月27日の台風の状況

9月27日午前9時の段階の気象庁発表の台風24号の予想進路です。
発生後、西進、突然、北に進路を転じて、石垣島直撃になったり、動きが遅く、中心気圧も下がったり上がったり、やきもきさせられていますが今は、宮古と本島の間になっているようです。
いずれにしても日本列島や交通に大きな影響を与えるのは必至みたいです。

 

 

 

もともと台風銀座と言われる沖縄のこと。八重山も台風襲来が多いのは仕方がないと思っていましたが、今年は、本場、沖縄よりも台風に日ごろなじみのない内地へ行く台風が多くて大きな被害を出していることには心痛むものがあります。
TVも駄目ですって。70m/sの暴風が吹く台風のさなかに実況中継なんかしていたら、本場の台風でそんなことやってたら死にますよ。電柱折れます、車は転がりまくります、トタン板飛んできます。
人間、自然の驚異には勝てません。最大限の注意を払い、人事を尽くして天命を待つ以外にはないです。
明日、明後日はこちらでは台風休業になるかも知れませんが、ご了承ください。

 

 

 

高さの調節

手であが~るの高さ調節機構について

一般に標準の折りたたみ車いすの下のパイプは地面と水平ではなくパイプの高さも一定ではありません(※1)。
従って「手であが~る」でジャッキアップする場合には、あらかじめお使いの車いすのジャッキアップ点での高さに「手であが~る」のU字受けの高さ(※2)をあわせて、セットしていただく必要があります。
この高さの調節は本体とU字受け双方に切られたネジによって行います。
         
※1:通常の標準的な折りたたみ車いすの場合は、床面からパイプの下面までの高さは10cmから20cm程度です。
※2:ネジ部で調節できる高さ範囲は、およそ5cmなのでU字受けは短いSタイプのものと長いLタイプの2本が用意されています。
目安としては=15cmを境に、それよりも低いものには短いSタイプ、高いものには長いLタイプがお使いになれます。またこれ以上高い場合にはXLタイプもございますのでご相談ください。
 

もし不安定だと感じたら

利用者の方やモニターしていただいている方々からのお便りを拝見するのが楽しみな昨今ですが、車いすの車輪掃除がすごく楽になって助かっていますというような嬉しい内容に混ざって「手であが~る」で車いすをジャッキアップしたら「手であが~る」ごと傾いてしまった。そんな事象が報告されることがあります。 たとえば、試しに自社で現象を再現してみると下の写真のようになります。ちょっと極端ですが。     内側のローラーが床から浮いて傾いてしまっているのがわかるかと思います。この現象はローラーが正常に転がっていないときに発生します。この原因はハンドルを押し込まずに単に下向きに押し下げただけの場合、ローラーが床面に固定されてジャッキアップしている車いす全体を前後に移動させてしまうことにあります。図にしてみると下図のようになります。 「手であが~る」で楽にしかも美しくジャッキアップするのには、ほんのちょっとですがコツがあります。こう書くと難しいことみたいに思ってしまいますが、上図の下の感じでジャッキを少し前に押すようにジャッキアップしていただければ問題なく挙がります。 これは通常、平滑で硬い床面であれば意識しなくても自然にやっていることなのですが、毛足の長い絨毯の上ですとか、荷重でへこんでしまう畳の上ですとか、傾斜面などでは、ローラーが機能せず転がって移動しにくいため車いす全体を振り回してしまい、この左右に首を振る運動が外向きの力を発生させ「手であが~る」を傾けてしまうのです。 同様な現象が起きた際には、まずジャッキアップの際にローラーが前方に転がっているかをご確認いただければと思います。 またローラーが転がれない理由として ・床の素材が柔らかく沈みこんでしまう ・ジャッキアップする場所が平滑でなかったり傾いている ・ローラーに何か噛んでいる ・ハンドルを押し込まずに単に下方に下げている ・ローラーが固着、または変形している などが考えられますので、一度チェックしてみてください。 以上、時々、事例報告のあります「手であが~るが傾いてしまう事象」への原因と対処方法になります。このほかにも困ったことなどありましたら、ご連絡ください。          

お知らせ

8月10日~20日の期間におきまして従業員の研修出張のため、お問い合わせや購入・モニター希望への返信および対応が遅延することがございます。 あらかじめ、ご了承ください。

モニター版と製品版の違い

現在、「手であが~る」には、展示や、ユーザー様に機能確認や問題点を報告していただくためにつくられたモニター版と、モニター調査でのアンケート結果を反映して再設計され、商品化された製品版との2種類がございます。 概観の比較は以下の通りす。  

こちらは現在、製品化されているのもの

 

こちらは製品化する前にモニター用につくられたもの

  モニター版と製品版の相違点: 【1】グリップの違い モニター版では持ち手の部分はステンレスの丸棒を曲げて輪の形にしていますが、製品版ではパイプ自体をL字型に曲げ、握りの部分にゴムのグリップを被せています。 これによって、握りが太くなり持ちやすくなっているとともに、ジャッキアップする際、斜め前方に押し出す手であが~る独特の操作をよりいっそう容易に、そして楽に行える構造に変更されました。   【2】ローラーの違い 初期のモニター版では、転がる支点部分に金属のベアリングをそのまま使用していました。現在はモニター版も含めてナイロンローラーとなっています。 これによってベアリングが錆びることによる汚損や経年による作動不良を防止できました。 またナイロンローラーはベアリングよりも幅が広く弾力をもったことで床との面圧を下げ、フローリングの床にも傷つけにくく、手であが~るをいつまでも美しく保つことが可能になりました。 人によってはナイロンローラーの強度に不安を持たれるかも知れませんが事前に強度試験を行っており、100kgの体重の人を乗せてもびくともしません。   【3】U字受け部分のすべり止め 従来、モニター版のU字受け部には液状ゴムを使用した赤い保護材を塗布していましたが、これは数回の使用によりたやすく剥げてしまうことが判明しました。 従って、製品版ではこの部分には、何もつけずV形状からR形状とし、ステンレスの研磨仕上げとしています。 特にパイプの塗装などが施されダメージが考えられる場合にはゴムのチューブなどをはめていただくように変更させていただきました。 また施設用のタイプには、パイプ・プロテクターでもあり位置決めのロケーターにも使えるゴムブッシュを2個付属させていただいております。   以上、モニター版に比べ、製品版はいっそう実用性が増して進化しています。 一方で、寸法的にはモニター版と製品版はほぼ同等ですので、モニター版で試用され具合よく使えている場合には、製品版を購入していただくことによって、よりいっそう使いやすいものになっています。      

手であが~るの苦手克服

手であが~るがNHKで放映されたことであちこちから、様々な問い合わせをいただきました。 その中で、こういった車いすで使えないという声が多く聞かれました。     そうなんです。U字受けをかける部分のパイプが二重になっていて受けに載らない 、不安定になるというご批判でした。 確かに1本もののパイプの最大径を想定していたU字受けでは安定して載せることができませんでした。そこで・・・     今回、こんなU字受けの頭の部分に平たい部分をつくって、こんなアダプター形状にしてみました。 今まで2本パイプで使用を断念するしかなかった車いす利用者の方々の要望にお応えできればと思っています。 ダブルだけど、これならば使ってみたいという方、モニター機にお付けすることも可能ですので、ご応募をお待ちしております。     少しづつですが、ご要望に応えて進化する「手であが~る」を今後ともよろしくお願いいたします。      

まちかど情報室の反響

満員御礼

5月10日にNHKまちかど情報室で放送いただいてから、手であが~るについてのお問い合わせが急に増えて電話対応で忙しくなりブログ更新をサボっておりました。

これまでの放送分

まちかど情報室   放送から2週間が経ち、少し、落ち着いてきましたが、さっそく試したいとの全国のお客様のモニター希望に応えて手であが~るを発送してしまったためモニター品の在庫が現在品薄状態になっております。 モニターでお試しになられて、ご利用の車椅子ではちょっとうまく使えないという方がおられましたら恐れ入りますが、着払いにて弊社まで送り返していただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。    

明日、見てくださいね

まちかど情報室で放送されます

    いよいよ、明日のNHKの朝の番組、おはよう日本の「まちかど情報室」コーナーで紹介されます。 車いす利用者の介助をされている方々への耳寄りな情報として、力のない方でも大きな利用者の方を持ち上げてタイヤ清掃できる便利ツールとして紹介される予定です。 実際に現場でどんな風に使われているのか、NHKの全国版で紹介されますので、是非、ご覧になってください。 放送時刻は7時35分くらいからかも知れませんが、よほど大きなニュースで飛ばない限り放送予定ですとのことなので、僕も瞬間を見逃さないようにテレビの前に張り付いてみようと思います。金さん、おとなしくしといてネ! またご覧になって感想やご質問などありましたら、下記のお問い合わせの欄に投稿お願いいたします。感想お待ちしていま~す。  
お問い合わせ