インスタグラムって何ですの?

 

インスタはじめました

って、なんだか冷やし中華はじめました!のノリだけど

正直、今までにない文化でどうやって使ってよいのか、さっぱりわかっておりません。

なんか綺麗な写真やおいしそうな写真をアップしてスマホで共有する。

ワタシはそんなイメージしか持ってないのですけど・・・

とりあえず、そんな冷やし中華のノリでやってみようと思います、秋口には自然消滅しているのかもわかりませんけど。手であが~るの写真だけアップしていても面白くないと思うので石垣島の美しい景色であるとか、自然であるとか、一般の方々にも興味のあるかな・・・というものも適当に織り交ぜてご紹介できたらと思っています。フォローしてくれたらありがたいです。

 

 

「手であが~る」を第二の自撮り棒に

「インスタ映え」という流行語を生んだインスタグラム。この撮影のために、ここ石垣島においても「自撮り棒」と呼ばれる妙な杖を持って歩く観光客の姿をよく目にしますし、美しい八重山の海に背を向けて棒の先のスマホに微笑んでいたりします。

出されたあちこ~こ~のご馳走や大盛りジェラートを前に皆でスマホをかざしていたりもします。お爺は早く食べないと冷めるゾ!、溶けるゾ!と思ってしまいますが、これが今様の楽しみ方なのでしょう。

そんな新たな写真文化の台頭を横目では気にしつつ、ライフジグでもかなり昔にアカウントはとりはしました。

しかしながらアカウントはあったものの、もともとパソコンとは相性が悪い上、あまり日常的にスマホを活用しないので放っておいたのです。

ただ、ライフジグの存在を世界の方々に広く知ってもらうためにはいろいろメディアを活用した情報発信を心がけることが大事ですよ。と、多くの方々のアドバイスもあって、今回、分からなければ分からないなりに、はじめてみることにましたので、見てコメントいただければと思います。

 

チョロQみたいな高級車発見

 

ナイスハートバザールにて「手であが~る」に関心を持っていただいた方に実際に家庭で試してもらうため、製品をもってお宅に伺おうとストリートビューを使って目的の家を探していたところ面白いクルマを発見した。

それは白い軽自動車のようにも見えたが・・・待てよ。

 

これって、もしや今、合意なきEU離脱とか言って騒いでおられるかの国の高級車ではないでしょうか 。

画像合成のいたずらでしょうか。妙に前後が縮まったのが幸いしてとてもかわいらしく、ほほえましかったので、是非、皆様にもお見せしたくなって載せてしまいました。

今はこんな高級車が石垣島でも走っているのです。

ご来場ありがとうございました

このたび、りゅうぎんプレゼンツナイスハートバザールin石垣島にライフジグとして手であが~ると脚漕ぎ車椅子COGYを展示させていただきました。

腕にクレジットカードを装備したキャッシュレスヒーローりゅうぎんロボも手であが~るの応援に駆けつけてくれました。

テレビCMではよく拝見していますが、初めてみるりゅうぎんロボ巨大な姿に変身する前のりゅうぎんロボはフレンドリーでテントの下にも入れるくらいの大きさです。

今回は正義の味方に車いすの車輪清掃ツール「手であが~る」普及活動のために一役買っていただきました。

 

ライフジグのブースでは「手であが~る」を使った、ジャッキアップの実演を行い、実際に車いすを持ち上げる操作感覚を味わっていただきました

下は、りゅうぎんロボを中心に集結するナイスハートバザールを表でも裏でもバックアップしていただいたりゅうぎんさんの若手特命チーム

 

会場の盛り上げから、各ブースのバックアップ景品の引き換えに活躍していただきました。

一方、当日の抽選会にお買い物をされ一等賞品を引き当てた幸せな方々です。抽選券を引き換えにガチャポンでくじ引き。

一等賞が出るとカランカランとベルがなり、商品券の大当たり。またこれで帰りにお買い物ができますね。

16日、17日の二日間、天気はイマイチではありましたが、このナイスハートバザールは今回が初めての石垣島開催ということで、島内の終了事業所などでつくられている地場製品をみなさんにも知っていただくチャンスになったのではないかと思います。

来ていただいたお客様、企画していただいたセルプ様、ご協力いただいたりゅうぎん様、そして展示販売に関わった皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

平成最後の花見にも「手であが~る」を

八重山ではもうサクラの花が咲いています。

そんなBLOGの書き出しを事前に思い描いて、バンナ公園に撮影に行って参りました。

ところが、どっこいです。

ほとんど咲いてないではありませんか・・・

 

 

入学式のころに花吹雪を散らす日本本土のサクラと違い、八重山では早ければ年明け前から咲いているのですが今年は、まったく咲いていない木も多く、やっと見つけた花を執念深く、陽の当たるのを待って撮影してきました。

沖縄県のサクラは、カンヒザクラといって内地の一族一種のソメイヨシノとは種類が違うので、ソメイヨシノよりも色が濃く、ぱっと咲いてぱっと散ったりはしないのですが、今年は年末年始の天候不順のせいか咲き出しが遅い感じです。

 

ともわれ、これから卒業式、入学式シーズンに向け全国各地でサクラ前線が北上してゆくわけで、内地でも満開のサクラの下でお花見をする機会もあることでしょう。

また、障がい者施設や老人介護施設等でもお花見になれば、車いす利用者を連れて、お花見に出かけるチャンスもあるかと思います。

そんなときには、外出からもどったら「手でが~る」で効率よく車いすのタイヤ清掃をしていただければと思っています。

我々は花咲か爺さんみたいに枯れ木に花を咲かせることは出来ませんが、「手であが~る」を使うことで車いすでもサクラの花を見るチャンスを増やしていただければ、花咲か爺さんのアシストくらいはできるのかなと思っています。

 

 

ナイスハートバザール石垣島に出店します

沖縄県セルプセンター主催のナイスハートバザール・イン・石垣島に(合)ファーストハンドコミュニケーション・ライフジグは「手であが~る」で参加します。同時に足こぎ車いすの試乗も行います。

 

 

 

主旨と内容

ナイスハートバザールは沖縄本島や宮古島では、過去にも実施されていますが、石垣島では、今回はじめての開催となります。

石垣島内の就労支援事業所等でつくられた優れた製品を一堂に集めて販売し、地元の方や観光客の方々にも広く知ってもらうことにより私たちの活動への理解を深めていただくことを主な目的としています。

ライフジグでは石垣島発の数少ない工業製品である「手であが~る」の出品と、前回、アナウンスをいたしました足こぎ車いすCOGYの試乗会を17日(日)予定しております。

場所はマックスバリューやいま店の駐車場ですので、日曜日、買物がてら家族おそろいでお立ち寄りください。

 

 

※注意

ナイスハートバザールは2月16日(土)、17日(日)の両日となりますが、ライフジグの展示は17日(日)のみとなりますので、ご注意ください。

45秒でわかる「手であが~る」

「手であが~る」の機能が簡潔に分かるショートムービーができました

Youtubeにアップしたのでこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

日本人のキレイ好きは有名です、昨今、日本の文化が見直されるにつけ

こんな光景が外国人観光客の目にとまるかも知れませんね

足漕ぎ車いす試乗について

先日来、後輪がパンクして動けなくなっておりました、足こぎ車いすCOGYが復活しました。

 

 

手であが~ると同様、必要な人に使っていただければ、その有用性については、自分の足で進める楽しさも含めて折り紙つきだとは思っているのですが、なにぶん個人で購入するには高価であることがネックとなって普及活動についてはいまひとつになっています。

でも実際に試され、その価値を理解する人が増え、低価格を望む声が大きくなればおのずと普及への道すじも見えてくるんじゃないかな、そんなことを 考えています。

現在のところ、石垣島にもこの1台しかないのではないでしょうか?

 

 

 

そんなわけで、もし、試しに乗ってみたい方が居られましたら、2月17日にマックスバリューやいま店駐車場で開催予定の「りゅうぎんプレゼンツ第1回ナイスハートバザールイン石垣島」にて試乗できるように現在、準備を進めておりますのでご来場いただければと思います。

詳細については決まり次第、別途、ここでお知らせいたします。・・・こちらをご覧ください

石垣市特産品販売センター展示

石垣島のアーケード街、ユーグレナモールの公設市場2Fにある石垣市特産品販売センターで手であが~るを展示していただけることになりました。

先日、公設市場裏のゆんたく屋でクリスマスライブがあり、どんな展示になっているのかなと覗いてみました。

 

クリスマスシーズンということで入り口には大きなクリスマスツリーが飾られており、店内に入り、うろうろ探していたら、石垣島の書籍やお土産品と一緒に展示されている「手であが~る」を発見しました。

 

 

 

確かに石垣島の産物ではあるのですが、食べられるものではないので、どのくらいお客様が食いついてくれるかなっとちょっと思っている私です。

でも、自然や島素材の商品と同様に車いすの車輪を清掃する道具が石垣島で生まれたことを知ってもらえたらありがたいことです。チャンスをくれた石垣島特産品販売センターさんに感謝です。

 

健康福祉まつりに出展

2018年12月1日(土) 9時~15時

第29回健康福祉まつり・第38回障がい者週間市民のつどいが石垣市健康福祉センターにて開催されました。

 

 

私たちライフジグでは、「手であが~る」を実演展示。

島外での展示の機会の方が多い「手であが~る」ですが、今回は福祉関係で顔見知りも多い身近な石垣市民のイベントでその存在をアピールしました。

島内では需要は限られているとは思いますが、まだまだ知らない人が「こんなものがあったんだ!」と、見つけてくれたらという期待はあります。

展示していても派手なパフォーマンスもないので、あまり一般の方々の関心をもたれないのが正直なところです。

普段、車いすに乗ったり、介助をする機会のない人たちにとっては、いったい何のツールなのかわからず、その用途や便利さをアピールするのは毎回、難しいと感じることなのですが、車いすに乗る体験をして身近に感じられたら、少し理解が深まるのかな、と思い子どもたちにも遊んでもらっていました。

人間だれしも、自分と直接、関わらないことに興味を持つって事はなかなかないことですけど、そんなことで困っている人もいるんだな、ということをメッセージとして伝えることは無駄ではない気がします。

 

 

ゆるキャラの功罪

最近のイベントではよくゆるキャラが登場する。人寄せパンダといえばそれまでだが、このキャラのできばえ次第で集客率も変るとなるとけっこうみんな真剣だったりする。

先日もゆるキャラの投票で組織票が問題になったくらいキャラ頼みの地方自治体も多いのではなかろうか。

 

 

こちらは、おきなわ2018と書かれたシーザーのキャラクター。いかにも沖縄らしくシンプルなシーサーだ。あまり運動能力はないらしく、直立不動だったけれど、レンズを向けたら手を振ってくれました。

 

 

一方、環境省のくいなのクイちゃん、けっこう運動能力が高いと同時に、インタラクティブな動きをするあたり、かなり自分でも外の状況が見えているようだ。

 

 

バックが環境省とあっておきなわのシーサーよりは金がかかっている感じに思えるが客引き効果はそれぞれいかがだったのだろうか?

 

 

顔ヌキの窓から顔を出そうとするクイ」ちゃん。お茶目なところも子供たちから支持を得るひとつの要素と見た。

 

 

石垣島に石垣空港開港を記念した市鳥カンムリワシのキャラクターの「ぱい~ぐる」や、西表島を包含する竹富町には「ピカリャー」がいる。沖縄のゆるキャラをあつめて、競演させてみたいものである。