そもそもジグってな~に?

今更ですが・・・

「手であが~る」を販売しております合同会社ファーストハンド・コミュニケーションのものづくり工房ライフジグです。

ライフジグと聞いて皆様はどんなものをイメージされるのでしょうか?

それ自体、何かを意味するのではなく、ライフ(生活・命)とジグ(治具)をかけた造語なのですが、私が初めてのお客様に電話をすると、私のカツゼツのせいか「え?ライフ事務ですか?」というと問い返しを受けることがままあります。

おそらくライフは一般的に認識されてるけれどジグという言葉が広く一般社会に浸透している言葉ではないのも原因だと思い、今回はジグについて今更ではありますが改めてご紹介をさせていただこうと思います。

多分、石垣島でジグって言ったら、釣具好きな人であればきっとこれを想像されるはずです。

 

そう、釣りをするときの疑似餌であるルアーのうち、金属で出来たものをジグと言ったり、メタルジグと呼んだりします。

すなわち釣道具の仲間として、釣具屋さんに売っているものを想像されていると思います。

しかしながら航空機工場に勤務していた職歴もある私にとってはジグは英語では”JIG”ですが、日本語では”治具”の漢字を当て、精度の高い工作には必需品である下の写真のようなものを頭に浮かべます。

 

 

これのどこがジグかと申しますと、黄緑色の部分が製造物(多分、翼だと思います)だとすると、その外側をがっちりと固めて保持しているグレーの部分がジグと呼ばれているものです。

精度の要求される製造物を作るには、正確な位置に部品を取り付けたり、穴を開けなくていけないのですがそれを保証してくれるものがジグというわけです。

同じ航空機の部品でもこんな写真もありました。

 

 

これもおそらく翼の中に入っているウェブと呼ばれる部材ではないかと思いますが、ジグに据えつけられた状態で作業者は部品を取り付けたり、穴をあけたり、リベットを打ったりして図面どおりの正確な製品を作り上げてゆくのです。

すなわちジグとはそれ自体が製品ではありませんが製造時に製品の精度を保つために必要になる不可欠のパートナーというわけです。

GOOGLEでジグをひいても、「加工物を工作機械に取り付け、刃物を正しく当てるために使う道具。」と書かれていますから、ほぼ上述の理解で間違いないのかなと思っています。

 

 

そこで最初のライフ・ジグの話に戻ってみると、ライフジグ=生活のクオリティ(QOL)をあげるために必要な道具、これを提供する工房だと解釈していただくと、私たちの理念に近いかなと思っています。

「手であが~る」自体は話し相手になってくれたり、単独で介助をしてくれたりするものではありませんが、これを使うことによって車いす利用者の行動範囲が広がったり、介助者の負担を和らげたり、より徹底した衛生管理につながったりすることで、車いすのある環境で幸せなライフのお手伝いができたら幸せに思います。

ついでにこれを機会に「もしもし。あ、ライフジグさんですね」と初めての電話にも対応していただけるようになると個人的にも嬉しいなあ・・・。

 

 

介護ロボットフォーラム

オンライン開催

1月29日、日本テクノエイド協会主催の介護ロボットの全国フォーラムがオンラインで開催されました。

弊社の「手であが~る」はツールであり、介護ロボットではないと思いますが、貢献する現場感は近いと考え、フォーラムで学んだことの中から少し気づいたことを書きたいと思います。

それは現在の日本がおかれた人口構成と介護の実情です。

 

 

現在でも日本の少子高齢化は社会問題のひとつですが経済産業省の推計によれば今後40年で高齢化率は35%を超え、世界の中でも日本は高齢化がもっとも進んだ国となります。これは先進国中とか言う話ではなく全世界でです。

 

もう少し具体的にみてみると平均寿命は世界一で、今後も30年間は高齢化率トップを走り続け、その後から韓国が迫ってくるという情況です。

そうなると必然的に介護の需要は増え、それに対応する介護人口が気になりますが、介護への求人についてはどうなのでしょうか?

厚労省社会保障審議会介護給付分科会の資料を見ていただくと分かるとおり、2017年の業種別有効求人倍率では介護関係職種は他の業種を圧倒しています。すなわち介護業界では圧倒的に、そして慢性的に人手不足。

3K職種に入れられるようなきつい労働環境からも、国内ではあまり急増が期待できない職種なのです。そして今のコロナ禍の情況などをみても介護のために国外からの応援をいただくことこも難しいと思われます。

 

そしてこの若者からお年よりへと続く人口構造は21世紀型で安定するまで、あと20年以上はかかると見られるのです。また上記の資料に従うと現行の社会保障制度はバブル経済前の時期に作られたものであり、現実であるバブル崩壊後の経済状況と人口構成にはそぐわないものになっていることが容易に理解されます。

 

さて以上からの大雑把な把握ではありますが、今後、介護される人は増えるにも関わらず、介護の職につく人の急増は期待できない。介護の質を維持しながら、厳しい財政も破綻をさせないためには介護現場のロード軽減し必要人数を減らすこと、職員の処遇の改善を図ることなどが求められます。

こうした中で介護現場から求められているのが自動化であり、今回の主題でもある介護ロボットなのです。

従って、バブル期よりも格段に進化したITネットワークやセンサー類をフル活用、IOTやAIを総動員して、職員の負担軽減と自動化による費用削減、逆に人間しかできない部分に人間を配置するリソースの合理的再配置が必要とされているように感じました。

特に身体の移動や排泄関係に関しては重労働となり、精神的にも身体的にもきつく職業病とも言える腰の痛みなどで離職を余儀なくされ、更なる人手不足を招いている点で、この領域での介護ロボットへの期待は今後ますます強くなるものと考えられます。

その意味では「手であが~る」はあくまで人間の延長でスーパーロボットではありませんが、車いすの車輪清掃という介護者への身体への負荷を軽減するものとしてしては時代に沿った簡単ツールとして介護ロボットと合わせてご利用いただけたら、と思っています。

 

「手であが~る」ご利用者様からの声

 

デイサービスや散歩など外から戻ったときに車いすから移乗させることも身近な介護者からすれば重労働です。その点、「手であが~る」は利用者を乗せたまま車輪清掃ができます。毎日の車輪清掃の手間が少しでも省けて、利用者との会話など他の事に労力をまわす心の余裕に貢献できたら嬉しいと思っています。

「手であが~る」は電気も使わず、使うのにマニュアルも不要です。超アナログな原始的テコですが技術の最先端のロボット共々よろしくお願いします。

 

 

消毒液ディスペンサー

手指の消毒に全集中

 

いまや新型コロナウィルスは特定の店に行かなくても、誰にでも感染する危険がある情況だ。沖縄県も独自の非常事態宣言を出し、ここ石垣島でも役所や施設、そして学校でも感染者が出ている。

島ゆえにキャパシティーのない感染症用ベッドは満床で、このまま感染が拡大し続ければ一般医療にも影響が及ぶ。

感染者がどこに居るのか分からないこの情況では、できることは限られる。飛まつ感染防止のためにマスク着用、ソーシャルディスタンスの確保に加え、接触感染に対しては手の消毒が市民レベルでできる対策だ。

お迎えに行った学校では各学級の入り口にこんな足踏み式の消毒液が設置されていた。

 

 

手作りと思われるディスペンサーに添えられたボードには「全集中!!手指消毒」とのコピーもあって、子どもたちに人気のマンガ「鬼滅の刃」の力も借りて少しでも学校現場での感染を防がなくてはならない危機感を感じる。

 

ボトルトップを触らなくても、消毒液を噴射できるようになっている手作りディスペンサーの仕組みを見てみよう。足で操作する踏み板が角棒の下端に結束バンドで連結され、角棒上端に付けられたL金具がプッシュボタンを押下するように出来ている。うまいアイデアだ。

 

 

踏んだペダルを戻しているのは板の下に取り付けられた家庭用のスポンジブラシ。その他の部品もすべて島内のDIY店で安価で手に入るものばかりだし、工作に特殊な工具も必要としない点が素晴らしいと思う。

助成金やワクチンは我々には、即座にどうすることも出来ませんが市民レベルでできることの中に、車いすのタイヤの消毒もあるとすれば「手であが~る」も市民レベルで感染を防ぐ一助になれれば幸いだと思っています。

施設で利用者の介助、毎回の車いすの消毒に体力的にもきついと感じられている方々からの、ご要望、お問合わせをお待ちしています。

 

「手であが~る」のご購入はこちら

 

クラスタを避ける車いす除菌・考

ライバルはブロック?

 

東京の福祉ポータルサイトである、とうきょう福祉ナビゲーション(福ナビ)

というサイトのなかで「手であが~る」の記述があるのを発見しました

http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/

このサイトのトップページの中に選び方・使い方「福祉用具について」の項目があります

 

 

更に、この項目の中に福祉用具(歩行補助具)の新型コロナウィルス除菌についてと題された文書資料(PDF)へのリンクが掲載されています。車いすなどの歩行補助具の利用者が外からウィルスを持ち込む危険性が紹介されていると同時に、その防止策としての除菌方法が述べられています。

 

PDF資料リンク:福祉用具(歩行補助具)の新型コロナウイルス除菌について

この内容を読んでみますと車いすの車輪やキャスターの除菌の手順のなかで「手であが~る」を使う方法が紹介されています。

 

更に、アドバイスとして「手であが~る」がない場合はブロックを車いすの下に置いて除菌します。とありました。

なかなか親切な文章であるなと思いましたが、ライフジグ的には、ブロックよりも、ぜひこちらから「手であが~る」ご購入をいただけるとありがたいなと思っております。

持ち上げた状態を安定して維持できるだけではなく、場所も取らず手軽で持ち上げる力自体も軽減できますので、導入をご検討いただければ幸いです。

ブロックに負けない使い勝手の良さがあると思いますので、よろしくお願いいたします。

ご購入はこちらから

車いすと院内感染予防

こんなものを見つけました

最近では新型コロナの病院内でのクラスタの発生が続いています。そこで車いす利用者の方が病院に行かれたときに感染したり、させたりする危険性はないのかなと思っていましたが、こんな車いす用のシールドがあることを知りました。

 

 

おそらくPCR検査の際に医療行為を行う方々が直接の飛まつ、およびエアロゾルでの感染を防止するためのものだと思われますが、同様に院内の床面には飛まつが落ちている可能性があり、そこから利用者側が院内で感染することも考えられると思われます。

    

車椅子ユーザーの感染予防について

 

こうした感染ルートを遮断するには以前、上記文献を引用して紹介させていただいた各経路に対して消毒等の対策が有効だと考えられます。

先の車いす用のシールドから出て露出している部分については、病院から戻った際に消毒してあげてください。

この際、面倒なタイヤの消毒には「手であが~る」がお役に立てれば幸いです。

現在、人数の多いクラスタは病院や福祉施設で発生していますので、皆様、くれぐれも感染には用心をされてください。

 

 

 

モニター利用のお客様から

手であが~るの使用前・使用後

最近、モニターでお使いいただいた利用者様から実際に「手であが~る」を施設で使用してみた状況報告と感想をいただきました。

要領よくまとめていただいた上に忌憚のないご意見・ご感想も書かれていましたので、これから「手であが~る」の導入を検討されている方々にも参考になる情報ではないかと思い、投稿者様の許可をいただいて以下、転載をさせていただきます。

 

【使用環境】

使用対象車椅子 8台

※地面から車椅子水平パイプまでの高さは7.5㎝~20㎝でした。

日常の散歩などの外出時に主に使用しました。

使用する場所は施設正面玄関でマットが敷いてあるスペース。当施設は玄関(エントランスホール)で中履きに履き替えるので、車椅子の方は玄関でタイヤの汚れを落とす必要があります。

※玄関にご利用者の下駄箱があり皆さん靴を履き替えるのですが、あまりスペースがないので複数のご利用者が重なると混みあうことがあります。

 

施設の玄関(エントランスホール)

【手であが~る使用前】

これまでは床にバスタオルを敷いてその上を前後に押してタイヤの汚れを取っていました。

もしくは職員2名で行います。(一人は車椅子を傾けて車輪を浮かし、もう1名がタイヤを拭きます。)

 

 

【手であが~る使用後】

前後に動く必要がなく、その場でタイヤを拭くことが出来ました。

 

 

 

車椅子の形状によってはこのように横から入れて使っています。

(重心の方の車椅子は構造上、後ろから手であが~るを挿入しづらく横から入れる方法で行うこともありました。)

 

 

【感想】

・狭いスペースでタイヤの掃除をすることが出来る。

・しっかりタイヤの汚れをふき取ることが出来る。

・少しの力で車椅子を持ち上げることが出来る。

・一人で丁寧に拭く事が出来るが、当施設の以前のやり方より早くなる訳ではなかった。

・車椅子の高さによってはその都度U字受けを回して高さの調整をする必要がある。

・試した8台の車椅子の内、2台は短いU字受けでは高さが足りず、長い方のU字受けに付け替える必要があった。高さの異なる車椅子のタイヤ拭きを続けて行う場合には時間を要した。

 

【結論】

前向きに購入を検討しています。「時間の短縮」というよりは「丁寧に、わずかな力とスペースで操作が出来る」という点で効果的であると感じました。

 

 

★ライフジグ担当からの付け足し事項

実際に使用していただいた現場からの生の感想だけに深く同意しながら拝見しました。現実に使用されている様々な車いすに対して工夫してお使いいただいた貴重なコメントに感謝し「手であが~る」のメリットも残された課題もそのまそっくり受け止めさせていただきます。

確かに高さの大きく違う車いすについてはアダプターの交換や調整が必要で時間がかかってしまう問題があります。これは今回、高・低2本の手であが~るで対応していただくご提案をさせていただきましたが、より迅速に高さ調整のできる改善を今後、施したいと考えています。

今後とも皆様からの忌憚のないご意見や、こんな使い方もあったよ、みたいな気付きもありましたら是非、お知らせください。

 

空飛ぶクルマの流行り廃り

車いすならぬクルマが飛んだ

LIFE JIGの空飛ぶ車いす計画について以前、触れましたけれど、今回、話題にするのは空飛ぶクルマです。

な~んだ、知ってる、それドローンに人を乗せたような電動マルチコプターのことでしょ?と思われた方は時代の潮流に乗っているトレンディな方です。

今回、お話したいのは下の写真を見てもらうとわかるように実際にクルマが飛んでいるタイプのものです。

 

 

翼も尾翼もあって飛行機的な要素は備えているのですが、胴体はそのまんまクルマです。

これはこの空飛ぶクルマが地上に置いてある姿を見てもらうと明らかです。

 

 

翼を収納して地上走行をする形態では、ほぼほぼスーパーカーです。この状態だと尾翼はダウンフォースを得るレーシングマシンのリアウィングそのものです。もしかすると車輪に駆動系統はなくプロペラ推進なのかも知れません。さすがにそれは怖いですかね。

 

 

主翼は50%コードで半分に折れ曲がる構造のようです。収納は翼弦を半分に折りたたんだ後、上方へ90度はねあげ、更に後方に倒して胴体内に埋め込まれます。テールブームも二重構造のスライド式で飛行を終えた後は胴体内に引き込まれ全長を短縮します。最後にガルウィングのドアを閉めると空飛ぶクルマは地上を走るクルマに早代わりです。

 

 

これは、もうほとんどトランスフォーマー的パフォーマンスですね。従来であれば、映画007シリーズの新兵器として登場してもおかしくはない代物ですが、これがジェームス・ボンドのイギリスではなく、スロバキアで開発された車であると聞くと、なぜこれが今、開発されているのだか見当がつきませんが開発するクラインビジョン(Klein Vision)は個人によるレジャー、自動運転などに加え、タクシーでも利用できるとアピールしているそうです。

スペックも、あまり詳しいことはわかりませんがエンジンはBMWの1.6リッターだそうですから出力は180馬力くらいでしょうか、機体重量は1100kgといいますから、この重くなりそうなメカニズムを収容しての重量としては優秀というべきではないでしょうか。

 

 

上から見ると胴体がクルマだということがよくわかります。飛行機では幅の広いサイドバイサイド。イメージ的には胴体もある程度主翼の一部として揚力を負担している形になっているのでしょう。

構造は複雑になりますが、空力については今までのクルマに翼をつける空飛ぶクルマのなかでは悪くない感じですかね。

 

 

 

 

ただし、これが一般に広く普及するかというとそれはなさそうですね。

それは空を飛ぶということと、地上を走るということに要求される特性が大きく異なっているということが要因ではないかと思います。

長距離は効率の良い飛行機で、飛行場にレンタカーを置いておき地上の近場はクルマで、これが現実の移動においてはリーズナブルってことに昔からなっているようです。

ただ、この秘密兵器的な楽しさやトランスフォーマー的なビジュアルな魅力はあるので、今後も様々な新種が現れるであろうことは想像に難くありません。

LIFE JIGの考える空飛ぶ車いすも車いすに主翼・尾翼をつけたようなものではありません。車いすからそのまま効率の良い航空機に乗り込めるタイプのものです。

現在の航空機はオートパイロットやフライバイワイヤが一般的であり操縦するのに足は必要ありません。ジョイスティックだけでも動かせますから電動車いすの延長です。

かくして空飛ぶクルマは多分に余興的なもので終わるかも知れませんが、空飛ぶ車いすは車いす利用者の行動半径を飛躍的に拡大するのに役立つでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイテク代表とローテク代表

GOOGLEの新兵器

 

北風に変わる渡り鳥の季節。サシバの群れを探してバンナスカイラインを走っていたら、面白いクルマを発見した。

天井に何かつけている。基部がパンタグラフになっているところをみると、普段は軽自動車の貨物部分にすっぽり収まり、稼動するときにジャッキアップされ天井より上に持ち上がる構造のようだ。

持ち上げることにおいては「手であが~る」的だけれど、向こうは、かなりハイテクっぽい。

以前のグーグルカーの天井につけられていたボール状のカメラとはだいぶ違うが、いったい何をしているのだろう。

 

 

わざわざ追いかけたわけでもないのだが、偶然、展望台駐車場に駐車しているところに出会う。

近くでみるとサシバカウント用の新兵器ではなさそうだ。

従来のレンズのついたビジュアルのカメラだけではなく、今回のはレーザーセンサーなどを装備しているようだ。

 

 

ちょっとスタッフさんらしき方に伺ってみたが、企業秘密らしくストリートビューのようなものだとは教えてくれたけれど、その他、詳細については不明。

 

 

装備品につけられている「SITECO」のロゴを頼りに調べてみると、どうやらMOBILE MAPPING SYSTEMと呼ばれるもので、道路に沿った様々な計測が出来るらしい。

斜め下や斜め上方にも向けてレーザーセンサーらしきものが設置してあり、従来の広角映像とともに道路際のマッピングデータを収集したり、周囲にある物体の形状を計測しているのではないかと思われた。

 

 

距離の校正用なのかタイヤにはタイヤの回転を拾うセンサーのような装備もみられ、ストリートビューが見た目の景観を中心に拾うのに対して、この装備では道路周辺の3次元的なマッピングデータを精密にスキャンしているのではないかと想像された。

おそらく、衛星からではとらえられない道路周辺の精密計測を実施していると見られ、石垣島でも近々、自動運転の車がみられるのだろうと勝手に想像してみる。

また、更なる妄想を広げれば、トンネルだとか架橋の状態などの周辺構造物のデータも得ているのかも知れない。

かくして現在はセンサー技術とドローンのようなモバイルシステムを駆使してすべての地形、構造物が数値化される時代なのだと思うと、様々な便利な妄想も、また怖い妄想もたくましく広がってゆくのであった。

知らない海外の会社から自分の家のリホームの見積もりがスパムのように届く日も近そうだ。

その点、「手であが~る」はいくら使っていただいても、車椅子のタイヤのお掃除以外に勝手に情報を集めたりはしませんので安心してお使いください。

 

 

月に帰れない方々のためにも

中秋の名月

外に出ているだけで苦痛だった暑さも次第に薄れ、石垣島にも秋の空気感が漂いはじめた。

10月に入り、雲間から覗いた月はま~んまるだった。

思えば中秋の名月という古来よりの日本の風物詩であった。ご先祖様の時代よりこの月を眺めていなければかぐや姫もアディーレ法律事務所もなかったかもしれない。

 

 

鳥獣戯画のようにうさぎがぴょんぴょん跳ねている様が目に浮かぶ。そして、地球の1/6の重力だったら、車いすの車輪を掃除するにしても「手であが~る」は必要ないかも知れないなあ、と思った。

 

 

でも、21世紀になって久しい今でも月への定期便は出ていない。我々は、まだしばらく地球に住み続けるのだろう。

地球上でも「手であが~る」をお使いいたきますと、1/6以下の力で持ち上げることができます。

月に帰れないかぐや姫様にもお使いいただければ幸いです。

 

 

 

最近の台風がものすごい

台風10号

 

八重山では先日の台風9号をなんとかやり過ごせたかと思っていたら、その後に発生した台風10号のスペックがすごかった。その勢力を示す修飾詞が最大級を示す”猛烈な台風”に発達すると既に予測されているのだ。

 

 

あくまで3日15時の時点での予報値ではあるけれど、今後まだ中心気圧は下がり発達を続け、3日後の6日の15時では、なんと中心気圧は915hPa、最大瞬間風速は80m/sに達するというのだからすさまじい。

80メートル毎秒という速度は毎時になおすと287kmであり、ジェット旅客機が地面を離れてしまうほどの速度だ。

そして、この勢力が台風襲来にも慣れている台風銀座、沖縄よりも高緯度で維持されるということに驚きを禁じえない。

 

 

一体、何がこの異常なほどの台風の強さを支えているのだろうか。

地球温暖化など背景には様々な要因があるだろうが、直接的には高い海水温度が一因としてあるのは間違いない。下の図は2日の海水温度分布を示しているが、もっとも暖かいピンクの部分(普通は赤い方が高温そうだが)はなんと30度を超えているのだ。

この暖かい海水は南方海上から本土沿岸に届くばかりでなく、黒潮に乗って日本海側にまで回りこんでいることを図は示している。

 

 

このプールだってのぼせてしまうような水温が広範囲の大海に広がっていると思うと、気象以外にも生態系などへの影響もけして無視できないことは容易に想像がつく。

日々、変わる大気とは異なり1度上げるのに多くのエネルギーを要する海水がこんなに温まるということは、逆に言えばそう簡単に下がらず、今後も発生する台風は強大化するということを意味するだろう。

50年に一度、来るか来ないかの台風に備えるのは経済的にも無駄だという時代ではないということがわかる。今後、50年に一度の台風や災害は毎年来ると考えねばなるまい。

国際関係はいうに及ばず、こんなに自然環境すら大きく変わってしまう時代では、時々の臨機応変な危機管理が望まれるが、政治はいまだに権力争いの派閥力学で動いている。

官僚支配の時代には民意を反映する政治主導にすべきだと言われた。しかし今、政治自体が民意の反映を拒んでいる。

知恵のある民の意見も、専門家の見解も反映しにくい体勢で我々は、今後も次々にやって来る危機を乗り切ってゆけるのだろうか?

とりあえず今は奄美大島の方々の無事をお祈りしたい。