ヴェイパーフライ騒動に想う

ナイキのピョンピョンシューズ

マラソンにおいてトップ選手たちがこぞって使い、好記録に貢献しているといわれるナイキのヴェイパーフライというシューズが話題だ。

厚底シューズなどとも呼ばれ、飛ぶように走れるという性能にも注目だが、世界陸連がこの厚底シューズの大会での使用を規制するのでは?という報道がなされたことで物議を醸している。

確かに選手の技量ではなくシューズによって記録が伸びているのでは?という点に競泳界でもかつてあった低抵抗水着であるレーザーレーサーの一件を思い起こさせる。

 

 

一方で、僕がヴェイパーフライの説明を聞いていて思い出したのは、日本のエジソンと言われ、フロッピーディスクなどの発明者としても知られるドクター中松がかつて開発した、このちょっとおちゃめなピョンピョンシューズだった。

 

 

ドクター中松のピョンピョンシューズほどその姿形はファンキーではなくシリアスな設計のヴェイパーフライだけれど、似ているのは内部構造だ。

厚底の途中にカーボンファイバーでできたプレートを埋め込み、この弾性を利用して着地荷重をカーボンプレートの変形として蓄え、次の一歩に利用しようという考え方自体はまさにピョンピョンシューズだと思うのだ。

プロアマ問わず「ふわふわと足が軽くなり、まるで誰かに押されているようだ」というインプレッションが多く、このバネ効果を表現しているように思う。

逆に言えば陸連は厚底を禁止すべきと考えているのではなく、このバネ効果のある素材の利用について制限する必要があると考えているのだろう。

 

右の黒いミドルソールがカーボン製で力を蓄える

その意味では、ドクター中松のピョンピョンが世に広く普及することはなかったが、21世紀になりヴェイパーフライの登場によって、その理論の正しさは陸上の世界で証明されたと言っても良いのかも知れない。

このポスターを見るとドクターは競技用ではなく個人移動手段と考えていたようだが、スケボーやキックボードにかなわなかったみたいだ。

 

 

このシューズが身体の能力を増幅し記録を伸ばしているのなら、僕は競技スポーツとはまったく別の観点から今後、更なる開発を期待したいと思う。

なぜなら、何も動力を使っていない身体のエクステンションだからだ。僕にはスポーツの定義だとか競技の公平性とかは論じられないが、人に何か工夫したものをつけて本来よりも優れた機能を発揮するのなら、ある意味万人に効果のある自助具みたいなものじゃないかと思うのだ。

人力をうまく利用して生身の人間よりも効率よく、飛んだり、はねたり、走ったり、泳いだりすることはCO2排出を抑え、温暖化対策にもなるだろうし、ある意味で、水泳のフィンや自転車などと同様で人類の偉大な発明品として新たな歴史に加えるべきなのかもしれない。

 

ドクター中松のやんちゃ精神は今に生きていた

 

そんな意味では車椅子もそうなんじゃないのか。

歩くよりも車輪で転がることのほうが平坦な道では消費エネルギーが小さく合理性が高いのだ。

マラソン界でエリウド・キプチョゲ選手が人類では不可能だと思われた2時間を切って世界を驚かせてみせたが、人力で42.195kmを走るには、実はもっと速い方法があるのだ。レース用の車椅子だと50km/h近い平均速度が可能であることからフルマラソンコースで1時間はおろか50分を切ることさえ夢ではないのだ。

この人類夢の記録に厚底シューズが使われたって、レース用車椅子が使われたって人力で出した記録には間違いないはずだ。

道具の進化が大気も汚さず人類を幸福にできるのなら、その研究はオリンピック競技とかとは別にどんどんして進んで欲しいです。人類の至らぬところが進んだ道具でカバーされる。そんな時代には障害という意味自体が今とは違った見方になるはずです。

ちなみに「手であが~る」も動力を使わず人力をうまく使うことで、簡単には持ち上げられない車椅子を楽に浮かせています。最後の一行CMで~す。

 

 

永く使えるものをつくれ

老兵は死なず、ただ消え行くのみ

退任に際してこんな言葉を吐いたのは、戦後日本の復興にも大きく関わったダグラスマッカーサー司令官だった。

どんな有能な司令官にも社長にもそしてサラリーマンにも、退くときはやってくる。

そして、戦後、平均寿命が延びた今、退職してもまだまだ元気な老人は多いが、衰える身体よりも急激な社会の変化によって退場を迫られることのほうが多いのではないだろうか。

 

 

まだ、それほど老体でもなく、見かけピンピンしていて、元気そうなのに、仕様的に日々の使用に適さなくなるのはパソコンも同様といえるだろうか。

先日、会社のPCはWindows10にしたと書いたけれど、それまで使用していたWindows7には、昨年から肩たたきのようなサポート終了が告げられていた。

 

 

そして1月15日には、とうとうこんなメッセージがデスクトップに表示された。

まあ、はっきり去れとは言ってないが、セキュリティーの問題もあるし、いい加減とっととWindows10にバージョンアップしろよ、コノヤロという脅しにも見える。

いくらハードは元気だって、パソコンも人間もソフトが古けりゃ使えませんよ、ということらしい。

 

 

でも、これはこれで無理なバージョンアップなどせず、大事にとっておこうと思う。

Win7ではなじみのインターフェースや過去のフリー資産が使えるし、スタンドアローンで使用すればセキュリティ問題なく、なによりも毎回、ワジワジするアップデートもしなくてスッキリする。

今はやりのサブスクリプションモデルとは無関係に定額の課金が発生することもなく、好きな時、好きなだけ使えるのもありがたい。

老兵といえどネットにつながず定型な仕事をさせるには便利なのだ。けっこう航空機内部でも古いバージョンが使われているのを発見するし、ネット回線すらない実家などはスタンドアローンで先日までミレニアムMeが現役で使われていたくらいだ。

さすがにこれは適応プリンタすら見つからなくなり、最新(?)のXPにバージョンアップしたくらいだが、単一のことしかさせないので安定して動いている。

老兵だって、頭が古くたって死にはしない。表舞台から消えても生きる場所はあるものである。

その点、「手であが~る」は、いきなり使えなくなったり、バージョンアップを強要したりも致しません。一生ものです。

更に良い製品に改良しようとは思ってはいますが、皆様が愛着を持って使われている車椅子とともに末永く使っていただける商品でありたいと常々、願っております。

 

 

 

 

初夢の縁起物

頭の大きな鳥を見た。石垣島からの正夢報告

 

 

その名前をチョウゲンボウという。

寺のお坊さんの名前のようなこの鳥は、渡り鳥。冬場に八重山に渡ってきて、畑などで狩をしている姿を見ることができる。

ハヤブサの仲間であり、古来から言われる初夢の縁起物『一富士山、二鷹、三なすび』の2番目のポジションを誇る鷹に属する鳥ということになる。

夢で見るのでご利益があるのなら、現実に見たのは果たしてどうなんだろう。

 

 

とまっていたのはキビ畑の中に設置されたスプリンクラーの上だった。

スプリンクラーとは土地改良をされた畑に設置されている散水装置で、広い畑では一区画に何本も一定間隔で設置されているものだ。

そして、このとき畑にいたのはチョウゲンボウ一羽だけではなかった。そのつぶらな瞳で気にしていたのは餌であるネズミやトカゲだけではなく、並んだスプリンクラーの二つ先に止まっているこの鳥の姿だった。

 

 

こちらも鋭い目つきの猛禽で同じようにスプリンクラーのノズルにとまっている。同じワシタカの仲間ではあるのだが、チョウゲンボウよりもひとまわり大きなサシバだ。

チョウゲンボウは小さいが気性が荒く、日ごろカンムリワシをコケにし、ワシタカを全く恐れないカラスさえも近づかないくらいだから、この至近距離でにらみ合いをしているのを見るのは珍しい。

よほど良い餌場なのかも知れないけれど、彼らの緊迫した表情を見比べながら、初春から鷹を二羽か・・・こいつは春から縁起がいいわい。と溜飲を下げるワタシだった。

そんなわけで冬場の八重山はマリンスポーツはいまいちですが野鳥観察に適した季節です。プロミナーを持って探鳥に出かけましょう。

車椅子ででかけたあとは「手であが~る」でのタイヤのお掃除もお忘れなく。

 

 

 

路上で寝るな、寝るなら飲むな!

ちょっと異例な写真展

 

最近、全国区でも有名になってしまった沖縄県の路上寝込み。しかも、石垣島がメッカとも言われているから不名誉な話ではある。

確かに「本日の路上寝込みは何件です・・・」とラジオでやっているのはこの地球上で石垣島のサンサンラジオくらいしか知らない。

いっこうに減らない路上寝込みに業を煮やしてか八重山警察署主催(?)の路上寝写真展が石垣市役所のロビーでおこわなれている。

 

 

石垣島を代表する景色として川平湾とか玉取り展望台からの眺めならばわかるが、これはちょっとヤバくないですか?

路上で寝てるだけでも、相当ですが全裸姿もありますものねえ。

 

 

道路もいまほど整備されておらず、車通りも人通りも少なかった昔は、「寝るなら道路の真ん中で寝ろ、そうすれば誰かが見つけて家まで運んでくれるから・・・」そんなのんきな時代もあったように先輩方からは伺ってはおりますが、今はそんな性善説は通じません。

 

 

 

こんなことをしていたら間違いなく轢かれます。財布盗まれます。市役所に写真を張り出されます。そしてSNSに載せられ世界に拡散されます。

父ちゃんの面目丸つぶれです。道路で寝るな、寝るなら飲むな!です。

 

月とタイヤの表面は平らじゃない

車椅子のタイヤ表面を拡大してみる

車椅子のタイヤは通常の自動車のタイヤと違って黒くないことが多いです。車椅子は室内でも使用する為、カーボンの黒い色で床を汚さない様にですが、ブラックマークがつかないからといって外を走ってきた車椅子のタイヤが表面がきれいかというと、そうでもありません。

 

ちょっと古くなった車椅子のタイヤを拡大して観察しました。

遠目では、ツルっとして見えていてもグっと寄って拡大してみると、こんなにぶつぶつと穴が開いていたりします。

 

 

表面にもたくさんシワがあり、至るところに汚れを吸着するポケットの存在が確認できます。

 

 

こうしたタイヤの表面のデコボコやシワには濡れた路面で水を吐き出し、スリップするのを防ぐために効果的なものでもありますが、同時に弾力もあるために水分やさまざまな汚れも溜め込んでしまいがちです。

このままで室内に入れば、水分も汚れも室内に持ち込むことになり部屋の中にばら撒く結果にもなってしまいます。

 

 

部屋の中は裸足で歩くので、外と一緒にはしたくないですよね。そこで、玄関先で「手であが~る」を使って、水分をふき取ったり、タイヤ表面のお掃除をしてあげてください。

ハンドルへのこだわり

モニター機からの正常進化

 

 

 

初期の量産試作機の本体形状は上の写真のようなものでした。

当事は、コロにはベアリングがそのまま使われ、ハンドルも中実の丸棒を曲げて輪にした形で溶接していました。

しかし、ベアリングは使用環境や経年によっては錆びてしまうこと、表面が硬い上、幅が狭く大きな面圧によって床面を傷つけることがあり、ナイロンローラーへと変更されました。

またハンドルの太さも細いと手に食い込んで痛いとの意見が寄せられたことや真下に下げるよりも前方に押し出しながら下げる「手であが~る」の操作の特性にマッチした形状が求められた結果、溶接ではなく柄のパイプを曲げて製作してはどうか?ということになりました。

 

 

こうして登場した第2次の試作機が、このタイプです。柄が太くなった部分にはゴムキャップもかぶせてみました。

握りが太くなり、さらにゴムキャップをかぶせたことで、つるつる滑らず手にフィットし、操作性は著しく向上しましたが、この段階では若干、角度に違和感がありました。

 

 

人間工学的に言うと本来の手の握りに対して、少しばかり角度が立ちすぎていたのです。

その理由には工作上からの制約もありましたが、これをなんとかこのくらいにしてほしいんだけど・・・と現場に無理を言ってお願いしたのがこちらです。

 

 

がんばって曲げていただいたおかげで思い描いていた理想に近いものになりました。

 

 

どうでしょうか?上下で、わずかな違いに見えるかも知れませんが、重ねてみると一目瞭然です。今の「手であが~る」がごく自然にヒョイっと片手で簡単に持ち上がるのは、こうした設計のフィードバックと工作現場の努力とによる細かな改修の積み重ねがあるのです。

 

 

こうして改良された商品版は初期のものよりも部品点数は少なく、軽く、よりシンプルになっていました。

機能のために生まれた白いローラーや黒いゴムのグリップも外観的なアクセントになり「手であが~る」を印象付ける要素となっています。

今後もまだまだ改良すべき点はありますが、個人利用の特定の車椅子に対してはひとつの理想ではないかと思っています。

 

手であが~るヒストリア

BEST of 試作品

先日、福祉まつりで展示のために、ダンボールの中にしまってあった過去の試作品を出してみました。懐かしいお宝からはここ数年の歴史が蘇りました。

 

 

何にでも失敗の歴史はつきものでしょうけれど、テコという太古からある単純な原理を使う「手であが~る」にも、試行錯誤がありました。気づくと販売する商品までには、さまざまなバージョンができてしまいました。テーブルの上に置かれたのもほんの一例です。

 

 

この頃の車輪にはすごい小さい径のベアリングを使ったものがあったんだなあ・・・高ナットをダブルで使ってたんだなあ・・・と、自分でもすでに忘れてしまっている事もあるのに驚いてしまいます。

でも、いろいろと作ったなかで、一番、印象に残っているのはどれですか?と聞かれたら、お騒がせ女優のように「別に~」と答える気はありません。

僕は迷わず下の”凶器”と呼ばれた2号機だと答えるでしょう。そんなこと誰からも問われたことはありませんけどね(笑)

 

 

しかし、これが記憶に残っているのは、初の成功作だったからではありません。実のところ、すべての思い違いが結集した大失敗作だったからです。

2号機は、こんな感じに・・・と、絵を描いて工場に溶接をお願いし、そのとおりに出来てきました。なのに自ら頼んでおきながらゴメンナサイという代物でした。

まず、重い!グラグラする!安定して持ち上がらない!低い車椅子を持ち上げたら大きく傾いてひっくりかえる!

そこに追い討ちをかけるように周囲からは「足の上に落としたら怪我する」、「これでアタマ殴られたら死ぬ」・・・散々な評価でした。

でもこれで後頭部を殴られるように、見落としていた多くのことに気づかせてくれたのも、この凶器と呼ばれた2号機だったのです。

・ジャッキは兵器にあらず。丈夫で壊れなければ良いというわけではない!

・一番、高い車椅子のパイプの高さに合わせるような安易な設計ではNO!

・支点と作用点の関係を考え、ジャッキアップ時の運動の軌跡を見直せ!

おそらく、この大失敗作の経験がなければ、我々は現在の実用機に至っていなかったでしょう。

「凶器の2号機」それ自体はけして使える代物ではありませんでしたが、偉大なご先祖様として、また初心忘れず、今後も発展を続けるため、技術遺産として保存しておこうと思っています。

 

関連資料 : 手であが~るの指針と開発秘話

 

 

 

 

 

スグレモノ発見

車いすというよりも電動チェアの気軽さ

 

 

先日の石垣市福祉まつりの会場でこんなものを見つけた。

介助者を伴わずに自走しているのに普通の車いすのように大きな車輪もハンドリムもない。どうなっているのかと思ったよく見たら、これで電動車いすなのだ。

いまさらだが、車いすというのは大きな車輪がないとガラッとイメージの変るものだということに気付かされた。

ちょっと上等なパイプ椅子がオシャレに自走している感じなのだ。

 

 

飛行機でいえばエアバス風、ジョイスチックのコントローラもコンパクトでシンプル、椅子の下部にもモノモノしい大きなバッテリーのような箱もメカも見当たらない。

見た目、ちょっとした肘掛付きの椅子といった佇まいで、障がい者の乗り物といった雰囲気がほとんどないのだ。

でも、どうやって電動化されているのだろう。

 

 

その秘密の動力部はたったこれだけのスペースに収まっている。10インチの左右車輪のハブにつけられたモーターとそれをつなぐ黒いボックスの部分がバッテリーケースになっている。

4時間のフル充電で13km走れるという。速度は切り替え可能で最大6km/hまでで屋内はもちろんのこと、外に出て歩道を走ることができる。重量は21.6kg。

そして、収納時はたためるのがいい。

 

 

折りたたみの手順はロックになっている後ろのワイヤー引き、バギータイプの車いすのように前後にパタンと二つ折りにたたむだけ。5秒あればできる。

折りたたむと上記のように非常にコンパクトになる。

 

 

あとは、玄関のちょっとしたスペースなどに立てかけておけば邪魔にもならず、オプションで縦位置で固定する専用スタンドもあるという。

今回、ちょっと試乗させていただいたが、前進、後進、旋回とジョイスティックで操作はとても簡単。ものぐさな健常者も社内で乗り回したりしそうなクールさがいい。

椅子部分と動力部、制御部が美しく切り分けられている点、車いすというイメージがなく自分で転がってくれる折り畳み椅子的な気軽さがデザインとして秀逸だと感じた。近年、著しいバッテリーやモーターの性能向上は電動車いすの概念も変えようとしている。

 

詳しくはこちらのサイトを  RASREL

福祉まつり展示レビュー

第30回石垣市健康福祉まつり&第39回障がい者週間・市民のつどいにてライフジグは毎度おなじみ「手であが~る」の展示を行いました。

  当日は天候にも恵まれ、外のテントにも、ライフジグのブースにも

たくさんのお客さんが来てくれました

 

車椅子に乗れるからか、なぜか子どもたちに人気の手であが~る

あっという間に身に付けてしまった鮮やかなジャッキアップ操作を見込んで

お客さん来たときだけデモのアシスタントを依頼することに

歴代「手であが~る」の展示には、棚作り用のイレクターを流用した初号機から

凶器といわれた超重量級の2号機まで展示しましたが

その中でもっとも人気があったのは高さ調整用アダプターを取り付けたハンド・ドリルでした

どうやら、子どもたちの目からは電動工具は触っていい動くおもちゃに映っていたようです

おかげさまで、スタンプラリー目当てでやってきた子どもたちを介して保護者の方々に毎回

手であが~るを宣伝することができました

手伝ってくれた子どもたち、またサクラになってくれたお友達に感謝です

みんな車椅子の車輪そうじには「手であが~る」は覚えてくれたのかなあ

お菓子もらったら忘れちゃったかもなあ

ハンドメイド「首あが~る」

「手であが~る」のU字受け部分がクルクル回転させなくても”ろくろ首”みたいに自由に伸びたり、縮んだりできたらいいのになあ。と、日々、いろんなアイデアを考えていたら親父の誕生日のプレゼントに息子がこんなものを作ってくれた。

 

 

ハンドルを引くと、ウサギさんのピンクの耳と化したU字受け部分が飛び上がるという、いささかビックリ箱じみたギミックだった。キャー!かわいい!!

ちょっと怪しげだが確かにうまく動く。中はどうなっているのか聞いても教えてはくれなかったが、どうやらDIYなどで売っているバネなどは使わず、そこらへんにあった輪ゴムが使われているらしい。

 

 

このアイデアを実物の「手であが~る」に応用できるかどうかは別として、一瞬の笑いをとるのに十分な愛嬌があることだけは間違いない。

老化で固くなった親父の頭に、遊び心は大事だよと教えてくれたのかもしれない。