路上で寝るな、寝るなら飲むな!

ちょっと異例な写真展

 

最近、全国区でも有名になってしまった沖縄県の路上寝込み。しかも、石垣島がメッカとも言われているから不名誉な話ではある。

確かに「本日の路上寝込みは何件です・・・」とラジオでやっているのはこの地球上で石垣島のサンサンラジオくらいしか知らない。

いっこうに減らない路上寝込みに業を煮やしてか八重山警察署主催(?)の路上寝写真展が石垣市役所のロビーでおこわなれている。

 

 

石垣島を代表する景色として川平湾とか玉取り展望台からの眺めならばわかるが、これはちょっとヤバくないですか?

路上で寝てるだけでも、相当ですが全裸姿もありますものねえ。

 

 

道路もいまほど整備されておらず、車通りも人通りも少なかった昔は、「寝るなら道路の真ん中で寝ろ、そうすれば誰かが見つけて家まで運んでくれるから・・・」そんなのんきな時代もあったように先輩方からは伺ってはおりますが、今はそんな性善説は通じません。

 

 

 

こんなことをしていたら間違いなく轢かれます。財布盗まれます。市役所に写真を張り出されます。そしてSNSに載せられ世界に拡散されます。

父ちゃんの面目丸つぶれです。道路で寝るな、寝るなら飲むな!です。

 

手であが~るはいつまで使えるか

 

個人的に良いものを長く使い続けたいタイプなので頻繁なバージョンアップは好きではない。

パソコンでもクルマも基本的にトラブルもなく動いているうちに次々に買い換えるようなこともしたくない派です。

「手であが~る」も長くお使いいただけるよう、車椅子より先に壊れたりはしないようにつくられています。初期の試作品の頃はローラー部にベアリングを用いたりU字受け

の保護に液体ゴムを用いていたので、錆びたり、剥げたりしていましたが、現在のものは、ほぼセーフライフだと言えるでしょう。

電気やオイルを使った機械類とは違って、メンテナンスもフリーで一生、お使いいただけるのも手であが~るの一つの魅力と考えています。

 

 

 

翻って、私たちの身の回りには、まだまだ使えるハードなのにソフトが使えなくなって世代交代を迫られるものがあります。

その筆頭がパソコンでしょう。ハードは何も壊れていないのにソフトが古くなって使えなくなり、買い替えをさせられてしまいます。

先日までライフジグで使っていたパソコンもWindows7でした。アップデートの度にCドライブの容量がなくなり、サポートも2020年1月14日まで。さすがに仕事での用には向かいないということでDellの本体を買ってもらいました。OSはWindows10になりました。

WindowsXPあたりまでは、OSがバージョンアップすれば、それなりに機能も向上し、使ってみる楽しみもありましたが、好むと好まざるに関わらず勝手にバージョンアップするこの期におよんではもし以前の7が使えるのなら使い続けていたい。正直、そう思います。

このちゃらいインターフェースにもなじめないですし、余計なものがたくさん着き、以前との互換性も十分とらないまま暴走している気がします。

 

 

なるべく以前の利用環境に近づけるべくセットアップ中ではありますが、使っていただく人に愛されるためには、常に利用される方々の立場に立って設計され、それが安心して使い続けられるような品質を守ってゆくことがメーカーとして重要なことだな、とあらためて思うのでした。

一方で、「手であが~る」も変なバージョンアップではなく、前のものに比べてずっと良くなったねといわれるものであれば積極的に改良を加えたいと思っておりますので、皆様からの生の声をお待ちしております。

 

 

 

月とタイヤの表面は平らじゃない

車椅子のタイヤ表面を拡大してみる

車椅子のタイヤは通常の自動車のタイヤと違って黒くないことが多いです。車椅子は室内でも使用する為、カーボンの黒い色で床を汚さない様にですが、ブラックマークがつかないからといって外を走ってきた車椅子のタイヤが表面がきれいかというと、そうでもありません。

 

ちょっと古くなった車椅子のタイヤを拡大して観察しました。

遠目では、ツルっとして見えていてもグっと寄って拡大してみると、こんなにぶつぶつと穴が開いていたりします。

 

 

表面にもたくさんシワがあり、至るところに汚れを吸着するポケットの存在が確認できます。

 

 

こうしたタイヤの表面のデコボコやシワには濡れた路面で水を吐き出し、スリップするのを防ぐために効果的なものでもありますが、同時に弾力もあるために水分やさまざまな汚れも溜め込んでしまいがちです。

このままで室内に入れば、水分も汚れも室内に持ち込むことになり部屋の中にばら撒く結果にもなってしまいます。

 

 

部屋の中は裸足で歩くので、外と一緒にはしたくないですよね。そこで、玄関先で「手であが~る」を使って、水分をふき取ったり、タイヤ表面のお掃除をしてあげてください。